So-net無料ブログ作成

国立市 プリサヤン(puri sayang)のナシゴレンランチ [レストランのナシゴレン(主に都内)]

スポンサードリンク



タナトラジャの記事が続いていましたので、
久しぶりにレストランのナシゴレンをご紹介します。

東京都国立市にあるインドネシアレストラン、プリサヤンを訪れました。
今までは東京都区内のお店を中心にご紹介していましたが、
今回は東京の市部になります。
市部にもナシゴレンのお店は沢山あるようですので、
今後開拓していきたいと思っています。

今回ご紹介するプリサヤンは、JR中央線国立駅から徒歩5分程の場所にあります。
大通りに面しており、近くに行けば看板が出ていますので、場所は分かりやすいです。
「すた丼」のお店のすぐ隣りです。
また、すぐ隣に地元で有名なベーグル屋さんがあるようで、行列になっていました。

店内はガムランの音楽(CD)が流れていました。
内装は、アジア料理店にある雑多な感じではなく、
とてもきれいな雰囲気(バリ風の内装)で長居したくなります。
また、席からはキッチンが見え、丁寧に調理している様子を伺えます。

今回はランチ利用です。
ナシゴレンランチは850円
私は大盛りで注文しました。(+100円で大盛りにできます。)
puri sayang.JPG

スープがセットでつき、インドネシア風で優しい味わいです。
サラダは、ごく普通のランチにあるサラダでした。(洋食のサラダ)
他に、
・トマト
・サテ(焼き鳥)
・アチャール(インドネシア風ピクルス)
・クルプック(揚げたえびせんべい)
が付きました。
スープも含め、味はどれも無難(アジア料理にある独特な癖がない)で、
どんな方でもおいしく頂けると思いました。

ナシゴレンには、刻んだ卵があり、具材は鶏肉でした。
味付けは甘目です。
トマト風味が強い(?)という印象で、
他のレストランで口にしたナシゴレンとは、系統の異なる味付けでした。
しいて言えば、ケチャップライスが好きな方には特に好みの味付けでしょうか。
現地の屋台風とは、異なる味付けという印象です。

そして、食後にはバリコーヒー(飲み方の説明あり)と、
デザートにピサンゴレン(バナナのフリッター)がつきました。

ランチ利用ということもありましたが、
全体的なコストパフォーマンスは非常に良いです。
雰囲気の良さも相まって、私としては非常に満足度が高かったです。

メニューには、ミーゴレン、カレー、ナシチャンプル、ルンダンなどもありました。
私はついついナシゴレンを頼んでしまいますが、
機会があれば他のメニューも是非口にしてみたいです。
特にルンダンは作るのが大変ですし、お店で食べてみるのも良いでしょう。
(ルンダン=牛肉をココナッツ等で長時間煮込んだもの)

参考までに食べログのホームページは「こちら」です。

スポンサードリンク




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。