So-net無料ブログ作成

インドネシアレストラン スラバヤ(surabaya)のナシゴレン [レストランのナシゴレン(主に都内)]

スポンサードリンク



インドネシア料理店、スラバヤのナシゴレンを紹介します。
この「スラバヤ(surabaya)」はインドネシアレストランのチェーン店で、関東を中心に数店舗あります。
スラバヤとはインドネシアジャワ島にある都市の名前でもあります。

今回は平日のランチ利用ではありません。
注文したのはナシゴレンスペシャル
nasigoreng.blog79.jpg


このナシゴレンスペシャル、具は卵、ネギ、少しの肉、えび、たまねぎなどでした。
味は若干塩辛すぎるという印象です。
旨みはあるものの、日本米ということもありどうしても中華料理店のチャーハンっぽいです。
目玉焼きはいたって普通でした。
他にクルプック、トマト、アチャール(インドネシアのピクルス)、そして何故かパセリなどがつきました。
(インドネシアでナシゴレンにパセリが付くのはあまり見かけません、レタスやキュウリなどが一般的です)

テーブルにはサンバルがあり、自由に使うことができました。
余り辛くは無いものの、風味はあるのでおいしいです。
(現地のサンバルはとにかく辛く、日本人には辛すぎるかもしれません)
このサンバルはとても良い味であり、日本人にも食べやすくおすすめに思いました。
サンバルの辛さについては、私がインドネシアの基準に慣れている可能性もありますので、人によってはこのスラバヤのサンバルも十分辛いかもしれません。

このサンバルをナシゴレンに混ぜて風味をつけて食べると良かったですが、ナシゴレン自体のチャーハン風の味付けが強いため、サンバルを混ぜると味が濃すぎるのがやや残念でした。
他のメニューにナシゴレンスラバヤスタイル(辛口)がありましたが、辛口でなくケチャップマニスを使ったようなジャワ風ナシゴレン(甘口)があるともっといいのかもしれないと思いました。

このインドネシア料理店スラバヤでは、メニューの種類がとても豊富です。
日本語名、インドネシア名と英語名が表記されていて、写真も多く分かりやすいです。
更にサンバルやインドネシア料理の食べ方の説明、料理ごとにも解説があり非常に分かりやすいです。
インドネシア料理の入門として、非常に良いレストランだと思います。

また、このスラバヤはショッピングモールに多いですが、良いか悪いか他店が混んでいても空いていることが多いです。もう少し頑張ってもらいたいところではありますね。
雰囲気はおしゃれというより、ファミレスのような雰囲気に近いです。
それでもインドネシア感はあります。

ドリンクにはアラック(椰子酒)もありました。
お酒好きな方は試してみても良いでしょう。

スラバヤの公式ホームページ「こちら」です。

スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。