So-net無料ブログ作成
検索選択
現地の情報(ジャワ島) ブログトップ
前の10件 | -

高田純次のアジアぷらぷら感想 [現地の情報(ジャワ島)]

先日1月18日に放送のBS12の番組、「高田純次のアジアぷらぷら」を見ました。
高田純次さんがインドネシアのジャカルタを訪れるという内容でした。

中々面白い番組でしたので、ご紹介します。

続きを読む


TOKYO MX 「アジア神秘紀行」でジョグジャカルタが放送 [現地の情報(ジャワ島)]

来週の1月13日、テレビインドネシアジャワ島のジョグジャカルタが紹介されます。
番組名:アジア神秘紀行 謎めく世界遺産の王国~インドネシア・ジョグジャカルタ~
放送日時:2015年1月13日(火)AM0:00~1:00
放送局:TOKYO MX

続きを読む


昼ドラのシンデレラデート第2話でボゴール植物園が登場 [現地の情報(ジャワ島)]

フジテレビにて、昨日より新しい昼ドラ「シンデレラデート」が始まりました。
このドラマはジャカルタを舞台にしていると聞き、早速本日放送分の第2話を見てみました。
(第1話は見逃しました。)

ドラマの内容はここでは触れませんが、日本のドラマで日常的にインドネシアが出てくるのは今までになく面白いですね。
インドネシア好きであれば、インドネシア語やインドネシアの風景が出てくるだけでもを楽しめるかもしれません。

続きを読む


インドネシアの火山観光、タンクバンプラフ(TANGKUBAN PARAHU) [現地の情報(ジャワ島)]

先日、NHKBSにてインドネシアの火山についての特集がされていました。
(参考リンク、公式ページ「驚き!地球!グレートネイチャー「決死の噴火口大接近~インドネシア~」)

当ブログでは、以前にインドネシアのジャカルタ近郊の火山としてタンクバンプラフをご紹介していました。
今回はそのタンクバンプラフについて再掲します。
(参考リンク「タンクバンプラフ(TANGKUBAN PARAHU)を訪れる」)

タンクバンプラフはジャカルタ近郊の都市、バンドゥンからアクセス可能です。
観光地でありアクセスしやすいのがタンクバンプラフの良いところです。
ここでは火山の火口が見れたり、周辺のトレッキングをしたりすることもできます。

火口
CIMG1777.JPG
近くまで降りられます
CIMG1809.JPG
トレッキングコース
CIMG1840.JPG
タンクバンプラフは訪れやすい場所ではありますが、
火山であり危険個所もありますので、ガイドを付けることをお勧めします。
料金交渉をした上でガイドを付けるとよいでしょう。

タンクバンプラフの私の印象としては、日本でいうと神奈川県の箱根にある大涌谷のような印象です。
他には、例えば長崎県の雲仙や北海道の硫黄山の様な感じでしょうか。
火山ではありますが今回のグレートネイチャーで紹介されたような活火山とは様相が異なります。
タンクバンプラフにはお土産屋が多数あります。
シャツや雑貨などの他、温泉卵を模したおみやげなども売っています。
また、日本人と分かれば日本語での客引きも行われます。
分かりやすい観光地ですね。
それだけ訪れやすいという事の裏返しでもあります。

お土産屋さんは沢山
CIMG1827.JPG
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ジャカルタで食べるJapan sus [現地の情報(ジャワ島)]

今回はジャカルタのショッピングモールのJapan susをご紹介します。

先日、北海道アジアブームになっているというテレビ番組を見ました。
その番組を見ていたら、現地のショッピングモールで食べたJapan susを思い出しました。
nasigoreng.blog42.jpg
susとはいわゆるシュークリームの事です。
こちらのお店で頂いたJapan susは、日本で食べるシュークリームとほぼ同じでした。
私はインドネシア現地に行った時は、ほぼ現地ならではのものを食べるようにしています。
現地の食べ物と一口に言っても、昔ながらの物から今風にアレンジされたものまで種類は様々です。
昔ながらのお菓子もいいですが、現地で日本や欧米風の新しいお菓子を食べてみるのも案外悪くありません。

現在ジャカルタにはショッピングモールが100以上あるようです。
(130以上とも聞きました)
ショッピングモールは洗練された作りの物も多く、日本には無いような巨大なショッピングモールも多くあります。
新しいお店もどんどん増えており、アジア風ではなく欧米風のお店も増えてきています。
こちらのお店はチェーン店なのかは分かりません。
チェーン店でなくてもジャカルタには同じようなお店が沢山ありそうです。

なお、ジャパンススの味としては、バニラやチョコの他にドリアンもありました。
スス以外に、ドリアンパンなども売られていました。
ドリアンはとにかく匂いが強烈です。
市場にあるようなドリアンを直接食べるのには抵抗がある方も多いと思います。
ショッピングモールには、このように食材にドリアンが使われたお菓子が売られていることもよくあります。
まず、ドリアン入門として食べてみるのもいいですよ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

インドネシアの長距離鉄道で食べるポットパイ(パイシチュー) [現地の情報(ジャワ島)]

テレビ朝日系列の番組、「世界の車窓から」で、
インドネシアのジャワ島、スマトラ島を巡る旅が放送されています。
列車内の様子に加え近隣の村の風景が紹介されるなど、非常に素晴らしい内容です。

インドネシアのジャワ島では、ジャワ島を横断するように鉄道が走っています。
ジャワ島の観光旅行の際にはこの長距離列車に乗ってみるのも非常に楽しいです。
長距離列車のチケットは駅や、ツアー会社、ホテルなどで購入できます。
また、観光シーズンなどではチケットが買えないことが案外あります。
(日本でも新幹線などの指定席が埋まることはありますよね、それに近いです。)
駅で購入する場合は早めに並ぶようにし、
代行会社を使うにしても早めに手配すると良いでしょう。

世界の車窓からの放送の中で、食堂車が紹介されており、
ナシゴレンやミーゴレンの調理風景が放送されていました。
(火を使えないため、炊飯器やレンジで作っていました。)
実際に車内では、ナシゴレンやミーゴレンなどを食べることができます。
味も非常においしいです。。
車内では、車掌さんが「ナシゴレン」「ミーゴレン」などメニューを言いながら
回ってきてくれますので、ほしいものがあった時に呼び止めると良いです。
私が利用した際には、他にもビーフステーキやポットパイなどもありました。
(ちなみにチケットには、車内食が無料で一食分ついてきました)

写真はポットパイ
(車内では「クリームスープ」と呼ばれていたかもしれません。)
CIMG1892.JPG
味も非常に良く、日本のカフェなどで食べるものに負けない味でした!

車内からの風景も存分に楽しめます。
CIMG1877.JPG
CIMG1891.JPG

ジャワ島では、長距離鉄道を利用してみるのもおすすめですよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

「ワンダーアーストラベラーインドネシア前編 悠久のボロブドゥール」感想とテレビ番組のお知らせ [現地の情報(ジャワ島)]

先日の記事でお知らせした番組、ワンダーアーストラベラーを視聴しました。
(参考記事「テレビ番組でインドネシアの鉄道とボロブドゥールが特集」)

<内容と感想など>
内容はインドネシアに見識の深い二人の対談を含み、
インドネシアのジャワ島とバリ島が紹介されました。
ジャワ島はボロブドゥール、ジョグジャカルタのマリオボロ通りやクラトンなど、
バリ島は西部のホテルカフェなどが紹介されました。

番組ではボロブドゥールの壁画の説明がされました。
(仏陀が生まれたところを記した壁画など、壁画にはそれぞれ意味があります。)
私自身、ボロブドゥールを訪れた際にガイドから説明を受けましたが、
時間が経つにつれて、つい忘れてしまっていました。
番組のおかげで、当時の記憶がひっぱりだされてきました。
ボロブドゥールの壁画は本当に沢山あるため、
番組で放送されたのはごく一部だと思われますが、それでも興味深く楽しめました。

また、二人の対談の場所は渋谷のバリカフェモンキーフォレストでした。
(参考記事「渋谷バリカフェモンキーフォレストのナシゴレン」)

以下の写真はジョグジャカルタのマリオボロ通り
CIMG1930.JPG
多数の露店が立ち並び、夜でも賑やかです。


<番組のお知らせ>
後編はバリ島を中心にアクティビティ特集のようです。

ワンダーアーストラベラーインドネシア後編 水の寺院タマンアユン
チャンネル:BS-TBS
放送日時 :3月14日(金)PM11:00~11:24


<ジョグジャの番組のお知らせ>
明日の放送ですが、別番組でちょうどジョグジャカルタが特集されます。
世界ふれあい街歩き「ジョグジャカルタ(インドネシア)」
チャンネル:NHKBSプレミアム
放送日時 :3月11日(火)PM8:00~9:00

この番組はその地域を実際に歩く内容であり、現地の空気感が伝わってきます。
恐らくボロブドゥールなども一緒に紹介されると思います。
こちらも非常に楽しみですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

テレビ番組でインドネシアの鉄道とボロブドゥールが特集 [現地の情報(ジャワ島)]

最近はインドネシアの経済や投資などのニュースがよく放送されていますね。
今週はインドネシア特集と言ってもいいくらい
テレビでインドネシア関連の番組が放送されています。

ます、テレビ朝日系の番組「世界の車窓から」で
インドネシアの鉄道が紹介されています。
スマトラ島、ジャワ島について紹介されるようです。

そして、BSTBSのテレビ番組でインドネシアのジャワ島の遺跡、
ボロブドゥールが紹介されます。
<放送内容>
ワンダーアーストラベラーインドネシア前編 悠久のボロブドゥール
チャンネル:BS-TBS
放送日時:3月7日(金)PM11:00~11:24

BSTBSでは、つい先日も「地球絶景紀行」にて
インドネシアのカリマンタン島とスラウェシ島が放送されました。
それらの内容は非常にクオリティの高いものでした。
今回の放送も大いに期待できそうです。
<参考記事>
・「BS-TBS地球絶景紀行 カリマンタンの黄金色の大河 感想
・「BS-TBS地球絶景紀行 とこしえの祭礼タナトラジャ 感想

<ボロブドゥールとは>
カンボジアのアンコールワット、ミャンマーのバガンと並んで、
世界三大仏教遺跡の一つであり、インドネシアのジャワ島にあります。
バリ島などからのツアーも組まれており、それで訪れる方も多いようです。
場所は、古都ジョグジャカルタの近郊にあります。
ジョグジャカルタから、バスやタクシーの他、各種ツアーで訪れることができます。
ジョグジャカルタにはかつての王宮(クラトン)などが残っており、
ジャカルタを東京とすると、ジョグジャカルタは京都にあたるとも言われます。

ボロブドゥールは私も訪れましたが、非常に規模の大きい遺跡です。
CIMG1983.JPG
観光客や修学旅行生も沢山います。
京都の清水寺や金閣寺などが、イメージとしては近いかと思います。

円柱状のストゥーパが特徴的
CIMG1979.JPG

見ごたえがあり、ジャワ島を訪れた際には是非訪れたい遺跡の一つと言えます。

タンクバンプラフ(TANGKUBAN PARAHU)を訪れる [現地の情報(ジャワ島)]

今回はインドネシアジャワ島にある
タンクバンプラフ(TANGKUBAN PARAHU)をご紹介します。

9月中、世界の街道からという番組で、
21回にわたってインドネシアジャワ島の風景が紹介されていました。
タンクバンプラフもその中で紹介されていました。
私自身も訪れた事のある場所でしたので、ご紹介します。

タンクバンプラフとは、
ジャワ島の都市、バンドゥンからアクセスできる火山です。
(バンドゥンはジャカルタから近く、アクセスしやすい場所にあります。)
インドネシアには火山が多数あります。
その中には、アクセスが大変な場所から比較的容易な場所がありますが、
このタンクバンプラフについては、比較的アクセスが容易です。
バンドゥンからバスを乗り継いで行くか、
タクシーをチャーターして行くのが一般的だと思われます。
山道を登っていくので、オジェ(バイクタクシー)では大変かなと思います。

火口風景
CIMG1777.JPG

お土産屋
CIMG1827.JPG
売られているのはTシャツ雑貨などいわゆる観光地のお土産です。

火口近くまで歩いて行くこともできます。
CIMG1809.JPG
火口近くでは、火山性のガスで危険な個所もあります。
近くまで行く場合はガイドを付けていくと良いでしょう。
(付けていくつもりがなくても、ガイドが勝手についてくるかもしれません。)
ガイドとは、必ず事前に料金交渉をしましょう。
(事前に交渉しないと後になって高額なガイド料を要求されるケースも考えられます。)

簡単なトレッキングコースもあります。
CIMG1840.JPG

いわゆる観光地になっており、現地の観光客も多数訪れています。
火山の様子だけ言えば、日本の箱根などに比較的近いように思います。

ジャカルタ SOGOカフェのコピルアック [現地の情報(ジャワ島)]

今回はSOGOつながりでコピルアックを紹介します。
コピルアック(Kopi Luwak)
Kopi=coffee
Luwak=いわゆるイタチです。
コピルアックは、非常にレアなコーヒーです。

ルアックはコーヒー豆を食べます。
その排泄物には未消化の豆が残っており、洗浄したものがコピルアックです。
ルアックが食べた時の体内での消化作用と、ルアックがおいしい豆を選別して食べることから、
コピルアックの独特の風味が作られると言われています。
(以上はインドネシア人のツアーガイドや、コーヒー農場を見学した際に教えてもらいました。)

SOGO内で立ち寄ったカフェではコピルアックがメニューにありました。
値段は一杯150000(約1500円)Rp程度だったと記憶しています。
CIMG2420.JPG

私はここでは、コピルアックを飲みませんでしたが、
ルアックコーヒーの豆を購入し(その方が安い)帰国後コピルアックを飲んでみました。

話に聞いていた通り、一晩おいても、口の中にほのかな風味が残りました。
さすがに初めて口にした時は抵抗がありましたね。

コピルアック(焙煎済豆) 約250g

コピルアック(焙煎済豆) 約250g

  • 出版社/メーカー: AKA (インドネシア)
  • メディア: その他






前の10件 | - 現地の情報(ジャワ島) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。